無尽蔵ブログ

mujinzo.exblog.jp

答えは、ひとつじゃない。

新宿



今日は新宿について語ろう。





オイラの新宿暦、彼此6年になりますね。
それはつまり、大学に入って東京に来るようになった年数とイコールなんだけど
新宿とはそれ以来しょっちゅう付き合っていると思う。

はじめはネットカフェ。
ネットカフェと入ってもヴァージンメガストアの3回にあったヴァージンカフェって店だ。
国内外の新曲を聴きながら、マックを使ってネットしていた。
大学は行った当初は、マイPCもなかったし、サークルにも入り損ねたので
他大学のサークル検索とかよくしていた覚えがある。
そこで見つけた早稲田のサークルにも、一度行ったことがあるけど、所沢だったのでやめた。

そんな訳で、俺の遊び場は基本的に新宿となった。
池袋のほうが近いんだけど、新宿まで来てた。
服とか雑貨とか本とかCDとか、基本的に新宿です。
新宿にいけば何でも揃うという安心感があるよね。

勿論今日も新宿に出て買い物をしていた。
ちなみに、今日買ったものを列挙してみよう。

☆ UPB電卓
これ便利だぞ!
普通に電卓として使えるだけじゃなく、USBでPCと繋げばテンキーにもなるんだ。
PCと繋ぐ用以外にUSBポートが2つあって、HUBにもなる。
Canonのを買おうと思ってたけど、デザインがかっこいいLOASを買った。

☆ コンタクトレンズ
これはただの更新ですね。
でも、わざわざ新宿で作り続けてます。
その理由は、俺の行ってるコンタクト屋の隣にある眼科のお姉さんたちは
美人偏差値の高い人が揃っているからだ。
最近はメガネ装着率が高くなっているので、1dayにした。
今度は新しいメガネが欲しいね。

☆ コロコロ
前に使っていたものがプーになってしまったので東急ハンズで購入。
結構これ強力だぞ。

☆ ゼラ
これって演劇用語だよね?
要するに、照明の色を変化させる偏光フィルム。
赤と青と紫を買った。
これすげーぞ!
赤とかかなりすげー。
エキゾチックな部屋に大変身。

☆ シューキーパー
ついでに買ってしまった。
前から欲しかったんだよねー。

あと、買わなかったものを。

★ メガネ
買う寸前までいったけど、『今日はコンタクトを作る日』と思ってやめた。
7000円くらいで作れるから、今度ぜひ作りたいと思います。

★ ベージュのパンツ
長らくジーンズ生活が続いているので、そろそろ違うパンツを買いたいと思っている。
欲しいなぁと思っているのは、ベージュのカーゴパンツで
いろいろ見て歩いたが、ドンピシャのものがなくてやめた。
別に薦められたベージュベースのチェックのパンツは意外に良かった。
それに合わせてもらった太目のストライプシャツ、あれこそ意外に良かった。
次はそこら辺攻めよう。


そんなこんなでフラフラと歩いていると、さすがにお腹が空いてくる。

そして突入した新宿三丁目。
末広通とその界隈である。


ここ、俺の好きな新宿です。

歌舞伎町もいろいろ行ってみたいお店あるけど
末広通界隈のほうが断然好きだ。そして手頃だ。
末広亭の向かいにあるぼでごん亭
『ただいま』
と言って店に入るほどの常連である。

まだぼでごん亭が開いている時間ではなかったので他の店を探す。

この界隈、ホントに素敵な店が多い。
ビフテキのあづまとか結構有名で、大学生の頃行ったことある。

ここで俺がまだ行ったことのない店で、必ず行っておきたい店を列挙しておく。

やま小屋
明らかにぼろい作りをしていると思っていたが、ネットを見てみれば創業40年じゃん。
あーいい匂いがする。
やま小屋というだけあって、内装は丸太作りだ。
絶対行く。

○ 舞台裏
ここはまともなWEBページがない。
だが、mixiの情報によると、往年のロックやブルースが流れる居酒屋らしい。
マスターの料理の腕前がかなり良くて、手作りのお通しが毎日変わるらしい。
絶対行く。

居留地
こちらは西部開拓風の内装をしていて、カントリーが流れているそうな。
居心地よさそう。絶対行く。

どん底
こちらは創業55年の老舗。
名前は最悪だけど外装内装ともに最高。
常連も多いようで、むちゃくちゃにいい匂いがする。
絶対に行く。

ちなみに、今日はNOKISHITA(軒下)というスパゲッティ屋で食事した。
ここも以前から気になっていたお店だけど、ついに入店。
17人しか座れないが、雰囲気はかなり良い。
スパゲッティも、いろいろ種類があってバッチリ美味しかった。
トマトソースなんだけどカレー風味のスパゲッティを食べたんだが
新感覚でグッドでした。



そんな末広町界隈から新宿通を渡った向こう側に巨大なマルイがオープンしようとしている。
その光景は、すさまじかった。
新宿駅から歩いていって、伊勢丹のあたりから眺める風景。
JTBの看板の上にマルイの看板が取り付けられていて
その向こうに真新しい巨大なマルイが聳える。
猫道一家の『丸井血風録』って、なんて的を得た作品だったんだろう。



大学1年制の頃、校舎の屋上から新宿のビル群を眺めながら
思ったことは、『あのてっぺんに行ってやる』だった。
行けるか分からないが、行ってみたい。
そんな野心だけはずっと持っていたい。

これからも、新宿はオイラに刺激を与えてくれるだろう。
俺は新宿に負けないように、多種多様にレベル高くなりたい。
まずは、末広町界隈の店を制覇しよう。


変化し躍動し続ける新宿、これ無尽蔵。
[PR]
by mujinzo | 2007-01-22 00:04