無尽蔵ブログ

mujinzo.exblog.jp

答えは、ひとつじゃない。

4年目の祈り

2014年のGW。
それは、オイラと石巻の関係が始まって丸3年ってこと。
なんつーか帰巣本能みたいなものが人間にはあるらしい。
やっぱり、また、この街を訪れたくなる。

d0078279_1163497.jpg




2014年フェスの旅 第1弾としてARABAKI 2014に参加した後、石巻に24時間滞在。
夜も、朝も、昼も、たくさん楽しませてもらった。

もう「行きつけ」と言っても過言ではないCoffe Shop Roots。
21時過ぎに行って、食べ物メニューが売り切れてしまったというのに、ホットサンド作ってくれた。
そういえば昨年の秋には、秋刀魚焼きと新米を食べさせてくれたな。ホントありがたい。

そして石巻の重鎮達が屯するBe Inでも1杯。
大腸のポリープ摘出手術をしたっていうマスターもようやく体調が戻ってきたようで、良かった。
老正興が店じまいをしてしまった今、Be Inの灯りを絶やしてはいけない。
この町に宿るロックやレゲエの遊び空間、悪そうな奴はだいたい友達、そんな空間。

そしてそして魯曼停で日本酒を2杯。
墨廼江の見たことないラベルと、仙禽の雄町。
雄町で作った仙禽はめっちゃくちゃ美味かった。
そして雄勝石で作ったコースターをプレゼントしてもらい、もうすぐ届く☆
これは貴重だ。絶対割らないように大切に使おう!!


約2時間で3軒のパトロールを敢行。
この3軒とも「おーまさきっく!おかえりーーー!!!」と出迎えてくれた。
ホントに、ホントに嬉しかった。
今まで約30年、これからあと何十年、オイラは「おかえり」って迎えてくれる人や店や街をどれくらい作れるだろう?
普通に考えたら、片手で数えられる程度だと思う。
その一つが石巻で、きっとこれからもこんな関係は続く。
「次は、夏くらい??」「そうっすね!ではまた~~!!」って挨拶して会計。
あまりの嬉しさに「石巻大好き」ってツイートしてしまった。これたぶん、3年間で初めてです。


一眠りして、朝が来る。
帰路につくまでの約半日、目一杯石巻を楽しむためにまずは日和山へ。
と、その前に廣山に荷物置く。

d0078279_10475287.jpg


日和山では、初めて桜を見ることができた。
3年目にして初めて、日和山の桜を見た。
世の中的に有名なわけではないけれど、オイラたちにとっては日和山で見る桜は、ちょっと特別です。

d0078279_10501327.jpg


朝8時、ほとんど人もいなかったからじっくりどっぷり景色を眺められた。
マンガ館の方を眺めながらInstagramにも投稿した。
しみじみと、そんな気持ちになってしまったのです。


石巻を楽しむためには、どうしても車が必要ってわけでレンタカーを借りてドライブ!
石巻のことを知らない人には訳分からんかもしれないけど、巡ったコースは下記の通り。
石巻駅→馬っこ山→大川小学校→長面→雄勝→女川→女川アートギルド→鹿妻→がんばろう石巻。
もう、無茶苦茶たくさんのことを感じたり考えたりしてしまった。
このコースを巡れば、きっと誰でも、それは初めて石巻を訪れる人でも、無茶苦茶たくさんのことを感じたり考えたりしてしまうだろな。



今回は、大川小学校で初めてカメラのシャッターを切った。


それはとても勇気のいる行動だった。
失われた命や、大切な子供を失った遺族の方々へのリスペクトを考慮すると、安易に写真は撮れない。
でも今回は、勇気を出して写真を撮った。
それは、忘れてしまわないように。
今の、震災から3年と1ヶ月が経った今の姿を、忘れてしまわないように記録するため。
やっぱどうしても、石巻や東北から離れて暮らすと、その意識は薄れる。
過去の出来事ではなく、今も続いてる出来事であることを再認識し、いつか見返した時にあれから3年後の今の気持ちに立ち戻れるように、写真を撮った。

例えば大川小学校の校庭。例えば南浜の更地。
そこには、数えきれない程の家屋や家財道具の破片が、今現在も散らばっている。
遺物や瓦礫として回収されることなく、3年以上経った今も、3年以上前のあの時から変わらず散らばっている。
時間がたつのが早いのか遅いのかわからないが、あの時から時計が止まっているんだ。
今回のブログトップ写真は、そんな大川小学校の校庭で撮影した写真です。



大潮だったこともあり、長面地区は大変なことになっていた。
超がつくほど大規模な嵩上げ工事が進んでいるけれど、元々の地面の高さにあったガードレールなどは地盤沈下や地形変動によりほぼ水没。
家から眺める景色は、むかしの姿を思い出すこともできないくらい変貌してしまったけれど、海水と淡水が入り混じる長面だからこそ獲れる魚がいるらしい。

d0078279_11124245.jpg


そして、雄勝から女川に抜ける山道では、高台移転の造成工事が進んでいた。
これまたビックリ!まるでジャングルを切り崩しているかのようなダイナミックな工事でした。
そりゃまぁ、仕方ない。そうでもしないと高台移転の土地を確保することができないのだから、仕方ない。
とはいえ急ピッチに進む山林伐採。そこで取った土で嵩上げが続く港湾エリア。
あんまり急ピッチにやりすぎて地盤が弱くなったり土砂崩れが起きやすくなるんじゃないかって心配になった。
そして海は、あの時何もかもを呑み込んでいった海は、とても静かでした。

d0078279_11142014.jpg

d0078279_11144269.jpg


d0078279_1115551.jpg


ここは女川の中心部。
全体を5mくらい嵩上げして、1年後にはJRの駅が再建される。
「あと1年でそんなことできんの?!」と思うが、きっと造れるだろう。でもさっき書いた心配事は消えない。。。


初めて災害ボランティアとして活動した鹿妻のアパートは、取り壊されていた。
でもその周りには、新しい家が建ち並ぶようになってきた。
3年の月日が経って、変わったものもあれば変わらないものもあるのだけど、着実に、何かしら、進んでいることは実感。

d0078279_1121593.jpg

d0078279_1119893.jpg



Life goes on.
いろいろあって大変なんだけど、みんなそれぞれに暮らしや営みが続いてることを実感。
それは石巻から離れて暮らすオイラ自身にも言えることで、3年前とは生活環境とかも変わった。
でも時々、こうして石巻を訪れたり、もしくはこうやって石巻のことをブログに書いたりすることが、オイラと石巻の関係を継続させてくれるんだと思う。
以前との違いを感じながら、昔のこと思い出して、今現在のことを知って、これからのことを想像する。


最後に、雄勝と女川で食べた海鮮丼で〆ましょう!
これもまた、石巻にまた行きたくなる理由の一つですね!!
ではでは、またまた。

d0078279_11253232.jpg

d0078279_1125417.jpg

[PR]
by mujinzo | 2014-04-29 11:27